かとうデンタルクリニックの日記

この歯は痛くないけども、、、抜かないとダメですか?

診療していると良く遭遇するのがこの言葉、痛くないけど抜く必要あるの?

この反応実際に多いです。

もちろん歯を抜かずに済むならそうしたい。

でもそうせざる得ない状態にすでになってしまっているから、残すより除去したほうがメリットが大きいと判断したうえで、そういう治療法を提案しているだけです。

 

あなたは何のために治療しているのでしたっけ?

悪い状態を改善するためではないでしょうか?

では、リスクの高い原因歯を残すメリットがありますか?

 

一応、あくまで提案なので、抜かないことによるリスクについてはお話します。

そのうえで決定しますが、ただそれを残そうとするあまり、その後の治療ができなくなるケースも実際にありまして、その場合は残念ながら、こちらからその後の治療をお断りすることもございます。

 

いろいろと考慮したうえで、抜歯という選択肢が最善と判断しております。

それでもという場合には、残すことによるリスクをご自身でよく理解してください。

 

ちなみに、抜歯に至る歯のほとんどは歯周病もしくは破折(歯の根が割れている)場合です。

歯周病に関しては普段から予防が可能です。

歯の破折に関しても、割れる歯のほとんどは神経がない歯です。つまり過去に虫歯になった歯ですので当然予防が可能です。

 

しっかりと定期停なチェックを受けること、予防を徹底することをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かとうデンタルクリニック

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

PAGETOP