かとうデンタルクリニックの日記

入れ歯を入れたけど痛いのですが、、、

入れ歯を始めて入れたときに、違和感なくすんなりと治まるということは少ないと思います。

それはなぜでしょうか?

そもそも入れ歯が痛くなる原因として考えられるのは、

・型をとったり高さを合わせたりする際に本来の位置よりもズレてしまう場合

・模型に起こした際に、石膏などが膨張したりして起こるズレてしまう場合

・技工所での作業でずれが生じてしまう場合

・使われている方の使い方、筋肉の動き等により痛みが発生する場合

が考えられ、それにより合わない入れ歯になっている可能性があります。

 

製作の途中で何度かそのズレを補正しながら進めるわけですが、使われる方の癖や筋肉の動きでというのは政策後に補正していく形になります。

最初から自分の医院で行った場合は、最初からの流れがわかっているため、どの作業でズレが生じたのかは比較的わかることが多く、補正も比較的すんなりと終わることが多いです。

 

ただ、問題は他院で作られたものを治してくれと持ち込まれる場合です。

どこが原因となっているのかがわかりにくく、その都度対処せざるえません。

なので、痛みが出た場所に対して補正を行っていくことになりますので、すぐに痛みがなくなるといったことは稀です。

 

入れ歯を作られた場合は、まずは入れられた医院での調整をしてもらってくださいね。

気長に調整をしてもらうことが大事ですよ。

 

かとうデンタルクリニック

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

PAGETOP