かとうデンタルクリニックの日記

治療を中断したら…

たまにいらっしゃるのですが、自己判断で治療を中断してしまう方、これはとても困ります。

とは言っても、本当に困るのは中断をされた方なのですが。

当院の場合、自己判断で治療が中断となってしまうと、なぜか2~3年後に急患で来られるケースが多いです。

そして、そのほとんどが結構手遅れな感じになってしまっていることが多いです。

 

意外と勘違いしてしまうのが、痛みがなくなったから治った!というもの。

痛みというのは、身体が発する危険信号です。治せるか治せないかのギリギリのところで発するケースも多いです。

ところが、ある一定のところを越えてしまうと痛みはなくなります。というより、神経が死んでしまうので痛みを発しなくなります。

治療では、神経をとることもあります。この場合も痛みがなくなりますが治療が終わったわけではありません。

歯ぐきが腫れていたら消毒をします。腫れはひきますが、これは症状が取れただけで原因は残っている状態です。当然治療しなければ悪化してしまいます。

 

別に悪化させたいということでしたら一向に構いませんが、治したいということでしたらきちんと通っていただくことが重要です。

病院に駆け込むくらいですから治したいという気持ちはあるのではないでしょうか?

 

はっきり言って、悪化してしまった治療はとてもとても大変になります。

その前の段階で治療を中断している方にとっては、余計な治療が増えますのでホントに大変になるでしょう。

それでも、あなたが今の状態を脱するにはとても重要なことです。

 

きちんと治療を行えば、再発のリスクも小さくなりますし、結局はそれが精神的に一番良いのではないでしょうか?

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

コチラもよろしくお願いします。
ホームページ https://www.kato-dentalclinic.com/
ツイッター https://twitter.com/Katou_DC
フェイスブック https://www.facebook.com/katoudentalclinic/
インスタグラム https://www.instagram.com/katou.dental/

 

 

かとうデンタルクリニック

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

PAGETOP