かとうデンタルクリニックの日記

治療は途中でやめないでくださいね。

こんにちは。
かとうデンタルクリニックです。

最近治療を途中で投げ出して、痛みが発生してしまい、どうしようもなくなっていたので抜歯というケースの方がいらっしゃいました。もともと抜かなくてもよい歯だったのですけど…ねshock

治療を途中でやめてしまうリスクについてのお話です。

歯の治療は時間と回数がかかることがほとんどです。
なので、簡単に言うと、めんどくさくなってあきてしまい、痛みもないから放っておくという気持ちが芽生えるのも無理はありません。
そこは非常によくわかります。

ですが、本当にそれでいいのでしょうか?
いいよ別に~って言う方は、ここから先を読む必要はないかもしれません。

さて、治療を途中でやめてしまうことでおこる危険についてお話ししましょうflair

①神経をとる治療を途中でやめてしまうと…
根の中を消毒している最中に治療を中断してしまうと、残った最近が増え、痛みの再発、最悪の場合その歯を抜くということにもなりかねません。治療には何度も消毒の必要性があるので何度かの通院が必要になります。

②歯周病の治療を途中でやめると…
お口の中の汚れ、最近の付着したものを除去していく作業です。途中でやめてしまうと最近がまた増え、症状の悪化を認め、最初からやり直しなんてことにもなりかねません。治療期間もそれだけ長くかかってしまいます。

③型を取ってから間が空いてしまうと…
詰め物やかぶせ物の型を取った後に、長く間をあけてしまうと土台の状況が変化して、詰め物・かぶせ物が合わなかったり、入らなかったりすることがあります。また作り直しになっりしますので、時間と回数がさらにかかってしまうことになります、

このように治療を途中でやめてもらうと、痛みが再発したり、治療時間が長引いてしまったり…
結局、治療費が高くついてしまったり。

あなたにとって、いいことは一つもないと思いますよ。
よく考えて、治療は最後まで受けてくださいね
notes

かとうデンタルクリニック

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

PAGETOP